「ほっ」と。キャンペーン

解散!そして、参加してくれた皆さんへ。

 BLUES BLUE BROTHERS 第5回旗揚げ公演「石の海」は、10月23日をもって解散しました。

 当日は、稽古場の大掃除の後、見よう見まねながらも真面目に神事を行い、監修山田秀樹の乾杯の発声を受け、ワイワイガヤガヤの宴会となりました。そして、飲み食いしながらではありましたが、参加者一人ひとりから「石の海」への様々な思いを語っていただきました。思えば、3月27日のオーディションから約7か月。長い期間、付き合っていただいた皆さんの熱い言葉に、私は、感謝の思いで一杯で、ただ「うんうん」と頷くだけでした。

 そして、本日10月24日は、稽古場に残っていた衣装、ゴミなどの撤収作業を行いました。稽古場もやっと、初めて訪れたときのがらんとした空間に戻りました。

 終わりました。とうとう終わりました!…ふう。

 気の利いた言葉が見つからず、情けない限りですが、この場をお借りし、改めて、心からの御礼を申し上げます。

 皆さん、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

                          BLUES BLUE BROTHERS 代表 森田  誠
[PR]

# by ishinoumi | 2010-10-24 18:13  

メディア情報。

お知らせが遅くなりましたが、
昨日10月22日(金)の東奥日報夕刊に
『石の海』劇評が掲載されました。
購読されている方は、宜しければ
ご覧になってみて下さいませ~。

取り急ぎ、失礼しました。

---ヨコ。
[PR]

# by ishinoumi | 2010-10-23 07:49 | BBBよりお知らせ  

『石の海』公演その後~クリーニング隊出動編~

公演が終了し1週間も経たない10月上旬の某日。
孫七改め森田代表より、チーム『石の海』各位へ

「ドーランで汚れた地かすりを綺麗にしないと、島送りにされてしまいます。助けてけろ!」

…という内容の非常に切羽詰った業務連絡が。
(地かすりって何?という方は、遡って公演仕込み編の記事を参照。)
そんな感じで、地かすりクリーン活動のため緊急招集。


公演本番では顔だけじゃなく手足にもドーランを塗り、全身を汚していたキャストの面々。
しかもそのまま座ったり、突き飛ばされたり、転がったり…の演技も多いですから、
そりゃステージ上の汚れ方も凄まじいわけで(汗)
皆に呆れられるほど他の役者以上に手足を汚しまくった上に
座りこんだりブッ飛ばされたりというシーンが多かった私ヨコも、
個人的にもチョイと「汚しまくってゴメンなさい」的な責任を感じつつ参加。。。
というか、そんな感じで集合したメンツ多数。。。



しかし地かすりの汚れ落としなんて前代未聞。やり方なんて自分たちで見つけるしかない。
早くから集合したメンバーによる試行錯誤の結果、
メイク落としを使った方法で頑張ることに。
タカヤ大先生がダ○ソーから大量仕入れしたメイク落としも準備完了。
徐々にメンバーも集まり、作業開始です。


f0209511_154127.jpg

後ろ姿でごめんなさい。
女性陣、細かい汚れも見逃さず綺麗にしていきます。
日頃の家事がこんなところで役に立っている…!?

主に男性陣が汚れ落としをしていた部分は、偶然にも(?)特に汚れの酷い箇所ばかり。
f0209511_1555855.jpg

「ここら辺で伝次が突き飛ばされて…」
「この辺りに勇作が寝転がってて…」
「ってことは、この辺の汚れは留吉?米蔵?つーか若者衆だべ!!」
という会話で余計に責任を感じ、自分!?と思った人は積極的にその部分をゴシゴシ。
f0209511_215044.jpg

その声を聞いたキク役・かずやんさんも「若衆?うわー…アタシかも…。」と
思い当たる箇所まで走ってきてゴシゴシ…。


f0209511_214260.jpg

カネ婆こと、のふじさん。
「こっ……腰があぁぁぁぁ………。」
と言いながら、誰よりも働いてくださいました。
さすがカネ婆。いや、大女優・のふじゆみさんです。

孫七さま。汚れてもいい格好に着替えた結果↓
f0209511_24296.jpg

こうなりました。
ステージでは絶対に見られない、貴重なお姿!(笑)


皆の頑張りにより、何とか作業終了。
後日、孫七さまより改めて
「お陰様で綺麗にすることが出来たので、島送りにならずに済みそうです。」
との連絡が。いがった、いがった。
地かすりクリーニング隊の皆さん、お疲れ様でした!

---ヨコ。
[PR]

# by ishinoumi | 2010-10-19 02:17  

『石の海』公演舞台裏~本番編~

本番当日。
ヨコは開館時間からホール入りし舞台袖で小道具準備etc.してましたが、
舞台袖は後から来たメンバーのほとんどが通る場所でもあるので、
みんなの"本番の朝イチ"の様子を見るのがまた密かに楽しかったです。
続々と到着し挨拶をする『石の海』メンバーは
本番を目の前に生き生きしている眼、緊張の眼、不安気な眼、
妙にハイテンションな眼、眠そうな眼(笑)、
様々な眼でやってきます。さて、この渦が本番でどうなるのでしょうか?


本番前はこーんなこともしてました…。
ツルさん、青猪仕留めるの図。
f0209511_139389.jpg

 ※『石の海』劇中ではこのようなシーンはございません。青猪を仕留めるのは…。

左から、権左・勇作・伝次。
f0209511_1184799.jpg

 ※『石の海』劇中ではこのようなシーンはございません。念のため。


公演は3ステージ。
全てが違う状況で、そういう意味では緊張感を保って挑めたのではと思います。

私たちは3回公演を行うけれど、お客様にとっては自分の観た1回がBBB『石の海』。
そう考えると、トラブルがあっても体調が悪くても、舞台を粗末に出来ないのです。
チケットは一般前売りが1500円と、映画館に行く感覚のお値段。
でも"演劇"となっただけで急に敷居が高く感じる方も多い筈。
それを越えてでも、チケット代と二時間弱の貴重なお時間を割いて
『石の海』を観るため市民ホールへ来てBBBを応援してくださるお客様の気持ちは
カーテンコールでの拍手やお帰りになる皆様の笑顔で伝わってきました。
BBBは公演毎に座組結成と解散を繰り返す体勢ですが、これから何処で演劇をしようとも
今回受け取った皆様からのお気持ちは持ち続けていきたいです。少なくとも自分は。

という訳で、千秋楽からの~打ち上げ!
3回目の公演を終え1時間で着替え・セット解体・撤収と戦争のような舞台裏。
それから"いつもの場所"にて乾杯!
皆さん、疲れのせいかいつもよりお酒の酔いが早く回り、
今まで見られなかった意外な本性を現す人まで居たとか居ないとか。


公演はひとまずここで終了。お疲れ様でした。
『石の海』その後のレポートは、また今度。

---ヨコ。
[PR]

# by ishinoumi | 2010-10-15 01:40  

『石の海』公演舞台裏~仕込み編③~

BBBの、特に今回の装置を語る上で欠かせないのは、やはりこの方!
大道具ち監督。もう、監督と呼ばせていただきます。
f0209511_0461988.jpg

ステージ照明が落ちても、スポットの中で黙々と作業。
真剣な姿、やけに格好良かったです。
劇中では酔っ払いの役だったので、お客様にとっては貴重な姿かも…?

そして、完成したのがこちらの装置。
f0209511_0592824.jpg


この後、下手奥に鳥居も設置されましたが…
すみません、鳥居付きの写真撮り忘れました(汗)

市民ホール開館時間に作業開始して、ここまで出来る頃には既に15時近く。
朝からホール入りしてたキャスト陣は軽くお疲れです。。。
が、この後学校や仕事を終えた他キャストが到着。
夜の撤収時間まで場当たり・リハーサルを行い、次の日に備えました。

---ヨコ。
[PR]

# by ishinoumi | 2010-10-15 01:03