カテゴリ:石の海とは( 1 )

 

第5回旗揚げ公演「石の海」について

「石の海」は、青森県立八戸北高等学校演劇部顧問であった小寺隆韶氏が、同校の高 校演劇コンクール上演用脚本として書き下ろした作品で、「時」は「むかし、むかし」、「所」は「東北端、太平洋沿岸の漁村」の南部弁のお芝居です。

「石の海」は、昭和57年12月に秋田県児童会館子ども劇場(秋田市)で開催された第15回東北地区高等学校演劇コンクールで優秀賞(第2位)を受賞し、その後、昭和63年7月には、八戸市公会堂において、八戸市民創作オペラ協会(東奥賞等受賞多数)の手により、オペラ作品としても上演されています。
 今回の「石の海」は、長い間眠っていた名作を、小寺氏の監修のもと、BBB代表森田誠が脚色したもので、5年目を迎えたBBBが新たな決意を込めて贈る大群衆劇です。
[PR]

by ishinoumi | 2010-03-01 16:01 | 石の海とは